すっぴんでも美肌|羨望の眼差しをヒシヒシと感じる美貌を得る

婦人

最先端の美容法です

基礎化粧品

原材料が3種類あります

最近、エイジングケアとして注目を集めている化粧品の一つに幹細胞化粧品があります。幹細胞化粧品は動物、人、植物から採取できる幹細胞を原材料として作られた化粧品です。動物性由来のものは、幼羊の毛根や羊のプラセンタから採取されたものが中心です。人間の体に近いとされるため、肌に馴染みやすいという特徴があります。日本ではまだあまり使用されていないタイプの幹細胞になります。次にヒト由来の幹細胞ですが、ヒトの脂肪由来や培養幹細胞などを使用しています。このため、肌に一番馴染みやすく働きも感じやすいとされています。しかしながら、価格がとても高いという特徴があります。最後に植物由来の幹細胞化粧品はリンゴやカミツレなどから採取されるため、安全性も高く価格も低価格だという特徴があります。

エイジングケアに対応

幹細胞化粧品は加齢とともに気になりだす顔のたるみや小じわなどに働いてくれます。今まで使用していた化粧品では肌の変化を実感できなかった人も幹細胞化粧品を取り入れることで、肌にハリやツヤを取り戻すことが可能です。実際に人間の肌に表皮幹細胞や真皮幹細胞が存在していますが、年齢が進むとともにこの働きが衰えてきます。本来はヒト由来の幹細胞化粧品を使用するのが最も働きを感じやすい傾向ですが、価格面などを総合的に考えると、植物由来の幹細胞化粧品が多く販売されています。植物由来の幹細胞化粧品であっても通常の化粧品よりも価格は高く、スペシャルケアやどうしてもエイジングケアしたい人に役立てられています。アンチエイジングブームはまだ衰えることはないため、今後ますます幹細胞化粧品の種類は増加していくでしょう。